痛車のカスタムなどカーライフはどこまでも進化する|カー用品探検隊

自家用車

費用はどのくらい

製作費用の相場はいくらだろう

乗り物

さて痛車を作るにはいくらくらいかかるのでしょう。 作ると言っても自作なのか、業者に依頼するのかによっても大きな差が生まれます。 もちろん安く仕上げたいのならば自作です。ステッカーを使用して、軽自動車ならば30000円〜50000円前後の費用で良いと思います。 メリットとしては剥がせるのでふだん普通の車として使えるし、推しているキャラクターが変わった時に車の仕様変更が楽だということでしょうか。 業者に依頼する場合は150000円〜500000円、やはりピンからキリまでですが、どのような仕様にするかによって大きく値段が違ってきます。 クオリティーの高い痛車が出来上がるのは確実でしょうから値段はやはり高くなります。

痛車はいつからかあったのだろう

痛車をよく見かけるようになったのは、1990年代後半からです。 2000年に入ると痛車は多くの人に認知されます。 ウェブサイトの愛車投稿コーナーやコミックマーケットと言われるイベントなどでもよく見られるようになります。 近年では痛車がメインのイベントが行われるなど愛好者も増えています。 元はデコトラやヤンキーのペイントした車などの真似やそこから派生したものだと言われることもありますが、今や日本のオタク文化を代表するものの1つと言っても過言ではないでしょう。 痛車のデザインのアイデアやクオリティーの高さは現在の車社会において必要なものだと言えます。自分に合った製作の方法で素敵な痛車をライフを楽しみましょう。