痛車のカスタムなどカーライフはどこまでも進化する|カー用品探検隊

自家用車

録画して客観視

乗り物

事故に遭遇した時には誰もが慌ててしまうものです。急にブレーキをかけたり突然の衝突によって気が動転してしまうのは当然のことともいえます。そんな時の記憶というものは曖昧になります。
そもそも気づいていなかったからよそ見運転で事故が起きてしまうものなので、見ていなかったことに関しては当事者が確かな証言をできるわけではありません。しかし、事故が起きてしまったときは警察にどんな状況であったのか細かく説明する必要があります。
そんなときに客観的な記録があれば事故の瞬間をはっきり説明することができるといえます。そのツールとして今はドライブレコーダーが提案されているのです。
ドライブレコーダーは警察庁からも使用が推奨されています。ひやりとした瞬間などの前後数十秒をチェックすることができるので、事故が起こる前の瞬間を正確に記録し、また再発防止をすることができるのです。

ドライブレコーダーは提供している業者が最近は増えてきたので、すぐに搭載してくれる業者を見つけることができる便利なツールとなっています。
車の走行に適した機能が付いているということもあり、独自にレコーダー機能を搭載していた人も今ドライブレコーダーに切り替えつつあります。
トンネルなど明るい場所から暗い場所へと移動するときには映像が写りにくいことがありますが、ドライブレコーダーはカメラも走行に適した機能を搭載しているので、トンネルや薄暗い場所での撮影にも適しています。
こういった便利な機能を活用して、カーライフを安全にしたいものです。